小説

私たちはその晩からかやをつるのをやめた。

哲学・思想

弟のクイントゥス、昔の記憶をしばしば甦らせ、あれこれ思いを巡らせるにつけ、わが国家が繁栄のきわみを迎える中、自らは名誉ある公職につき、しかも栄えある功績をあげて華々しく活躍しながら、公務にあっては危険につきまとわれることもなく、私の閑暇にあっては威厳を失うこともない、そのような人生の道程を辿ることのできた昔の人々はつくづく幸福であったとわたしには思われる。

学術

人民の福祉は最高の法である。

旅行記

九月三日の朝三時に、私はこっそりとカールスバートを抜け出した。

小説

「気をつけろ! ミューティがいるぞ!」

小説

――それは小さな家ほどの大きさで、重さ約九〇〇〇トン、時速五万キロメートルで移動していた。

学術

言語の本質は、人間の活動である―—ある個人の側では、自分の考えを相手に理解させるための活動であり、べつの個人の側では、相手が考えていることを理解するための活動である。

小説

切出しナイフが、鳩尾のところに深く突刺さったが、すこしも痛くない。

小説

みなの衆、お聞きなされませぬか、愛と死とのこの美しい物語を。

タイトルとURLをコピーしました