小説

小説

私たちはその晩からかやをつるのをやめた。

小説

「気をつけろ! ミューティがいるぞ!」

小説

――それは小さな家ほどの大きさで、重さ約九〇〇〇トン、時速五万キロメートルで移動していた。

小説

切出しナイフが、鳩尾のところに深く突刺さったが、すこしも痛くない。

小説

みなの衆、お聞きなされませぬか、愛と死とのこの美しい物語を。

タイトルとURLをコピーしました